上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
取引コストとは、手数料だけでなくスプレッドもあわせて考えるとよりわかりやすく比較することができます。

スプレッドとは、取引レートの提示額の差のことで売りのあとに買いまたはその逆を行うため、実質的に手数料のようなものとして考えられます。

つまり、実際にFXにかかる取引コストをまとめると【手数料×2+スプレッド】ということです。(手数料は片道ごとに必要です。)

現在FXの取引手数料は無料がスタンダードです。

しかも、ほぼすべての業者が手数料だけでなくスプレッドもかなり狭く(スプレッドは金額の差のことなので、狭い広いと表現します)なっています。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。