上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レバレッジとは「てこの原理」の事です。小さなお金で大きなお金を動かす、つまり、小額資金を保証金で多額の取引を行える投資手であり、FXの最大の魅力と言えます。

例をあげると、
1ドル=100円のときに、10万円の証拠金を預けて、1万ドル(100万円)を買う取引しました。(ポジションを取る、と言います)
そして、1ドルが120円のときに決済したとします。この場合、円にすると120万円となります。証拠金で支払った10万円を差し引いても、10万円の利益となります。

一方、1ドルが90円のときに決済したなら、円にすると90万円となるので、10万円の損失となり、証拠金の10万円はなくなってしまいます。

レバレッジ効果は、こうした多額の取引を行って大きな利益を期待できる反面、予想どおりに相場が動かなかった場合には、逆に損失も巨額になってしまいます。
慣れるまでは1~5倍で取引した方が良いでしょう。


*売り買いを行っている状態を「ポジションを取る」といいます。
*何も行っていない状態を「スクウェア」といいます。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。